大学に入学すれば、今までとは全く違った環境に置かれるようになります。
小学校、中学校、高校とは全く違った大きな世界、たくさんの女の子たちがそこには存在をしている世界。
だからこそ、平凡極まりない俺にとっても、チャンスが訪れるに違いないという期待感があったんです。
無事に自分が考えていた大学に進学することに成功して、これでやっと我が世の春が訪れるに違いないと期待に胸を膨らませていたんです。
キャンパスに通うようになってから、気持ちがウハウハ状態になるぐらいに女の子の数が多くて、これがきっとチャンスは訪れるって思ったんです。
キャンパスに通うようになって、同じ学科のやつらとも友達になっていって、次第に楽しめるようになっていたんです。
サークルにも参加をしたし、友達同士の輪を広げていけば女の子との出会いだって広がっていくそう思って、思いっきり活動していたんです。
これで俺にもやっと彼女ができる、さらに念願のセックスまで経験できるに違いないと思っていました。
ところが、ところがですよ…、絶対に恋人ができると思っていたのに、それが達成できない状態だったんです。
女友達程度は作ることができても、それ以上の関係に発展していきませんでした。
これだけの女の子たちがいるんだから、1人ぐらいは平凡な俺を認めてくれる人が出てくる、そんな希望は淡いものだったようでした。
周囲のやつらは順調に恋人を作ったりして、デートやセックスを楽しんでいるのを見て、ちくしょうって気持ちになってしまったんです。
なんであいつらにはチャンスがあるのに、俺にはそのチャンスが巡ってこないんだよって感じで、イライラしてしまいました。
ただ幸いな事に、一番仲良くしている友達にもやっぱり彼女がいないという状態だったので、何となくその部分では安らぎを感じてしまっていました。